2005年12月24日

メーカーリンク

ところどころリンク切れがあります。ご指摘頂けると幸いです。
  • Black Diamond equipment(ブラックダイヤモンド, USA) / ロストアロー(BlackK Diamond日本代理店) / Megamid(メガミッド) / Megalight(メガライト)
     老舗の登山用品メーカーが提供する安心感。ツートンカラーが美しい。紫とグレー、青とグレー、黄色と白。ブラックダイヤモンドを扱う登山用品店で購入可能。オプションでフロアシート一体の蚊帳状内張りもある。

     残念ながら日本国内の流通はまことにお粗末。ロストアローの取扱製品にラインナップされているものの、全く国内に入ってこない。ネットでは見出しの価格ページと詳細ページの価格が違うままずっと放置されている(2007年8月現在は掲示なし)。最近、メガミッドなどで検索してこのサイトを訪問される方が多く、潜在的な購買層も多くなってきているのに、非常に残念だ。やる気が無いなら国内総代理店、取り扱い独占権による囲い込みはさっさと返上するべきだ。品物は良いだけに、かえすがえすも残念。米国ブラックダイヤモンドのテントのページでは、メガミッドは無くなっているが、メガライトとベータシリーズのみ残っているので、並行輸入店か、個人輸入で入手することになる。

  • Montbell(モンベル、日本) / モノポールシェルター / テンチョ
     安価、国内メーカーの安心感。基本デザインはメガミッドとほぼ同等だが、細部には違いもある。一辺が僅かに小さい。迷彩柄、青、黄色を選べる。モンベル製品を扱う登山・キャンプ用品店で購入可能。モノポールシェルターは四角錐として、テンチョは三角錐として今のところ最小の参天である。

  • Dana Design(デイナデザイン, USA) / Nuc Tuk(ヌックタック)
     蚊帳状の本体(底付)が特徴。単体またはフライと組み合わせて3通りの使い方を提案している。
     本体黒色メッシュに黒色の底、フライは黄色。キャンプ用品店、通販などで購入可能(2005年度からの大幅な値上げに伴い、日本の輸入元が撤退し、米国での生産も停止した。)。

  • Kifaru(キファルー, USA) / Tipi(ティピー)& Stove(ストーブ)system(システム)
     超小型のペラペラの折りたたみ薪ストーブと組合わせて使うのが特徴。2人用から12人用までラインナップがとても豊富。多角錘のため設営には若干の慣れが必要。タイプによるが、金色、白色、茶色などがある。キャンプにヌクヌクとした文明社会の呆けた生活を持ち込み、Tシャツ一丁になる必然性は全く無いと思うけれど、ライフルぶちかまして、我々の伝統だ〜、と叫ぶようなハンター達の御用達ならむべなるかな、納得っちゅうか、呆れ顔。良いお値段している。欧米崇拝もほどほどにしておかないと、みっともない。

  • GoLiteヘックス3 4シーズンシェルター。軽量化をウリにしているメーカーであるが、幕体とポールで1300gほど。

  • Mountain Hardwear(マウンテン ハードウェア, Canada)の"TENTS"の中の"Tensile"ってカテゴリーのKivaは五角形の底面が広々と感じる。メーカーサイドは非常用とか、遠征の物置って位置付けか? でも、広めの参天が欲しい方にはお薦め。

  • Integral Designs(インテグラルデザインズ、Canada)のSilshelterGeorge Tarpは“参天(SANTEN)”をさらに簡易にした軽量のシェルターといった感じ。

  • Exped(エクスペッド, Switzerland)Tarp Tentは2.15m、Tipi Tarpは2.5mと他の“参天(SANTEN)”に比べて背が高い。変わった形のテントが多く面白そうなメーカーである。カタログはドイツ語。

  • OwareAlphamid TarpPyramid tarpを半分に切ってA Frame doorを付けたそうで、“参天(SANTEN)”の多くが広すぎると感じる方には良いかも。価格も$200そこそこ(個人輸入すると高くつくが)。

  • TRAILQUEST(トレイルクエスト, USA)も、参天を半分に切ったようなUltralight Tacoma Solo Tarpを作っている。ただ、参天は壁やドアと屋根を兼用しているので、底面積を半分にしても垂直のドア部を設けるとほとんど重量(幕面積)が減らない(OwareのAlphamid Tarpも同様)。

  • Polarbjorn(Norway, ノルウェー語は読めない(笑))Polarbearという意味のよう。arctic tentsの製造元と銘打っており、二重仕様や傘のように開く4本骨仕様も指定できる。その分、重量的には不利だが。特徴的な吹き流しがとても素敵だと思う。

  • Empire Canvas Works(エンバイア カンバス ワークス, USA)は、キャンバス地のテントを作っている。

  • PACK SADDLE SHOP(パック サドル ショップ, USA)は鞍から馬用具、そしてキャンバス地のテントを提案。Tent - Range TentHunter Pyramids from $185 / Panther Pyramid Tents from $189 / Raghorn Pyramid Tent from $178

  • National Tent House(ナショナルテントハウス, Pakistan)はPyramid Tentsという頑丈そうなテントを製造。プロユース(軍用?)のように見える。

  • Tent Smiths(テント スミス, USA)のPYRAMID TENTS

  • MSR(エムエスアール、USA)社のPavilion(パビリオン)は、二つの四角錐を繋げた形(Black Diamond社のベータミッドのような形)で正確には参天ではないが、一種と見ることも出来る。同社ではタープの一種と分類されているが、きっちり張ると12〜16人用のシェルターとなり、家族連れや、大人数での宴会、単車と一緒に寝たい人などに良さそう。

  • Titanium Goat(タイタニウムゴート、USA)のVertex series tentsは、円錐に近い形状、通気素材を選択できる、裾をまくって通気を促進する機構、などが特徴的。ストーブとの併用が提案されている。

  • 夕張のツーリング道具屋さん快速旅團(かいそくりょだん)が独自に開発した伝蔵は、底辺:290cm、高さ:180cm、ネットのスカート付き。さらに『結露フリーを目指した』伝伍にまで進化。團長さん渾身の比較表でアピール。

  • LUXE(ルクセ、香港)の大型参天Mega hornは2〜6人用(座るなら8〜10人)。高さ225cm、フロアは6角形(一辺約2m)で400×330(340)cmの表示。インナーテントは蚊帳式の2人用?で240/190×140cmの台形。幕体に入り口が2つあったり、6角の底辺に紐を渡して設営し易くしたり、エアインテークの色を変えてアクセントにしたり。一辺225cm、高さ:137cmで底付きの蚊帳を内部に張れる1人用のMini Peakもラインナップ予定。

  • Six Moon Designs(シックス ムーン デザインズ、USA)社。Lunar Soloは1人用(23 ounce, 650 g)、Europaは2人用(33 ounce, 936 g)の参天ライクなシェルター。3シーズン+α用で内張り付き。

  • Tentipi(テンティピィ、スウェーデン)社。Moskoselka*tan(a*はaの上に小さな○)ブランドでも紹介されている。厳寒地Laplandの遊牧民Sami(サーミ)の伝統的移動用住居Ka*ta(日本語的にはコタと発音。)とか「コア ハティ(犬山リトルワールドで紹介)」を現代的にアレンジして展開している。元々、アメリカインディアンのTipiに酷似しているので英訳に際してTipiを使用していると推測。丸太をもたせかけて建てる巨大Tipi(まるでサーカステント)から、一本柱で建てるパーソナルKa*taまで豊富なラインナップ。パーソナル用でも5, 7, 9人用と大型が得意。また、寒さを凌ぐため一般的にコタ内で焚き火をするので、その構造、ストーブの煙突周りの処理などが参考になる。縦型のHeater (Wood Stove)、Fire PlaceやFire Boxなど周辺設備も充実。その巨大さゆえか、レンタル会社も経営(個人で所有すると持てあます?)。

  • Bergans(ベルガンス、ノルウェイ)社。
    ProductsTentsTeepee

    6040 Teepee S, 4 - 6 Men Sleeping area: 8,7m^(2) Hight: 235 cm
    6041 Teepee M, 6 - 8 Men Sleeping area: 13 m^(2) Hight: 280 cm
    6042 Teepee L, 10 - 12 Men Sleeping area: 20 m^(2) Hight: 336 cm

    Accessories:
    * 6046/47/48 Mosquito netting
    * 6043/44/45 Ground cloth
    * 6049 Extended tub edge keeps moisture outside

    Colors:
    * Green

    * Extended ground cloth tub edge keeps moisture outside (accessory)
    * 20 guyline attach points

    底面は10角形で、支柱を支えるのが張り綱で、少しだけ垂直の壁ができるため居住性が良さそう。

  • Bergans shopはドイツ語。Zelte → 各テント

  • Frisport(フリスポルト、デンマーク)社。Lavvuへ。
    Norefjell (4)〜Holleia Cotton (12-15)まで、五角形の参天を展開。4.9kg〜15.1kg。4人用でも支柱を支える部分がテープの集合になって(大型の参天はこの構造が多い)おり、空気の抜けがすこぶる良い。ドアを開けながらではあるが、4人用参天の中で平気で焚き火をしている。この部分は付属のハットで覆う。組み合わせて使うLavvu Oven(ストーブ)も用意されており、Argand Burnerは参天の支柱に取り付けて底を浮かせるタイプ

  • Helsport(ヘルスポルト、ノルウェー)社。Teltへ。英語画面もあり。Lavvuへ。
    4人用から12-14人用まで各テントLavvulight、Porsanger、Varanger、Finnmarkなどを展開。Lavvu Wood Stoveなどストーブも用意されており、Lavvu Stoveは支柱に取り付けて底を浮かせるタイプ

  • Bison Outdoor AS(ビソン アウトドア、ノルウェー)社。

Top
posted by zuno at 00:00| メーカーリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。